株式会社 西東京建材試験所
 Exact  Fair  Quick

コンクリートコア圧縮試験

既存の建築物の正確なコンクリート強度を測定したい場合に、対象物から円筒状にコンクリートを切り取り、作成した供試体を圧縮し強度を確認します。
既存の建物から切り取りする場合、通常、建物利用者がいるという条件で行うことが多いので、梁・柱などから抜くことができないことが多く、壁や床から切り取ります。
壁は水セメント比の関係があるので、高さ1.2〜1.5mの位置から抜くのが望ましい。
鉄筋がからんでしまうと、圧縮強度に影響するので、鉄筋探査機を利用するのが好ましい。

core2.gif(19209 byte)

clear.gif(43 byte)