株式会社 西東京建材試験所
 Exact  Fair  Quick

フレッシュコンクリート試験


コンクリート構造物の安全を確保するために、使用材料の品質が重要なものの一つと考えられ、東京都をはじめとする行政では、建設工事の品質確保を行う一環として中間検査・完了検査制度を制定し、有効かつ合理的に機能するよう指導が行われています。

打設時の品質検査

コンクリート構造物を作るために欠かせないのが“コンクリート”です。
通常コンクリートは生コン工場で生産され、工事現場まで運搬されます。
この時点でコンクリートは他の工場製品とは違い、完成品ではなく、名前の通り生=フレッシュなのです。
ポンプなどを使い型枠の中に“フレッシュコンクリート”を打設してゆきますが、環境条件や運搬時間に影響を受けやすいため、よりよい品質管理が必要となります。

品質管理の手法として、スランプ試験空気量試験塩化物量試験、フロー測定、生コン温度測定を行い規格値に見合ったフレッシュコンクリートとしての品質をチェックします。また同時に圧縮強度用試験体採取し、指定管理材齢で、圧縮試験を行い、最終的な構造体のコンクリートの品質チェックをします。

スランプ試験 spacer.gif(43 byte) 空気量測定 spacer.gif(43 byte) 塩化物量測定

基本フロー図

打ち合わせ

工事内容についての打ち合わせをさせていただきます   施工計画書の記入方法などをアドバイス致します。